スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ダウンロード違法化で喜ぶ業界はどこだろう

DL

 インターネットで違法に著作物(音楽データや映像データ、ゲームなど)をダウンロードして使うユーザーが多いから、被害を食い止めようってことでダウンロードを違法化へ。
(つまり法律によって、ダウンロードすることを禁じるわけだ)

 で、ダウンロードを違法化して、法律で禁じてしまえばCDやDVD(映画やドラマ)がそのぶん売れるようになるのだろうか。


 今回のダウンロード違法化はかなり抜け穴があり、実際に逮捕して罰則を与えるのは難しいとか、そんな話は別にして。

 ダウンロードを違法化したら、CDを買うだろうか? DVDを買うだろうか?
 (犯罪だが)無料で入手していたものを、今度は正規の金額を支払って買うだろうか?

 それしか入手方法が無いのであれば、買うようになるだろう。


 しかし、ダウンロードで入手してきた多くのユーザーは、「正規品でなくても満足」するようなユーザーであることから、正規金額を支払ってまで買うかというと・・・・違うんじゃないかな。


 で、お手軽に音楽データやDVDを、買うよりもけっこう安く入手できる先はどこだろうか?

 答えは、レンタル屋さん。
 高速回線が当たり前になる以前のように、(ダウンロードしていたような人ならば、ダウンロードがもしできないのなら)欲しいと思ったデータはレンタル屋で借りてコピーしたりPCに取り込んでしまう人が多いだろう。
 そのほうが安上がりだからだ。

 多少はCDやDVDの売り上げも上がるかも知れないが(DVDの場合はリッピングの仕方を知らないユーザーならば買うしか無いとかって理由で)、多少ってレベルじゃないかな。

 著作権者たちが一生懸命ダウンロード違法化法案を通すために頑張って、結局儲かるのは著作権者たちではなくレンタル屋ってオチになるんじゃないかな?




 インターネットが発達して、高速回線が当たり前になったせいで違法にコピーされアップされ、それがダウンロードされる。
 ダウンロードを違法化するこのときに、高速インターネットを味方につけてレンタル屋ではなく著作権者たちにお金がいくようにすればよいのに。

 レンタル料金並で楽曲をダウンロードできるようなサイトを音楽業界が自らリードして作り出すとか。
 CDのように「もの」が欲しいひとはそれを買えばいいし、楽曲データが欲しいだけの人はサイトから有料ダウンロードすればいい。
 まさにアップルが世界的にやってるようなことだね。
 日本人にとって便利なように、レーベルの枠を越えて楽曲を簡単に有料ダウンロードできるようなところがあればよい。

 DVDとかの場合でも同じような利潤の出し方があるんじゃないかと思う。


 同時に違法なダウンロード、アップロードに対しての規制はもっと強める。

 これでレンタル屋に流れるお金を、著作権者が得ることができる・・・・方法の1つじゃないかと思うんだが、どうだろうか?


 適当に考えたことなので、まぁ、つっつけば穴はあるんだろうけど。


雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/01(土)10:39

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。