スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

マイ箸運動だとか、割り箸に対する考え方とか。

はし


 ワタミが割り箸をやめたようだ。
 八剣伝などのマルシェグループの居酒屋も割り箸をやめている。

 環境への配慮という名目である。


 では、マイ箸というのはそんなにも環境にやさしいのだろうか?


 マイ箸への反対派の意見には、

 割り箸は森林を整備するときに出る間伐材や、木材を製品にするときに出る(使い道があまりない)端材を使うため、割り箸を使うことが環境破壊には繋がらない。


 という意見などがあり、

 繰り返し洗剤(と水)を使うことになるマイ箸のほうが環境によくない。
 森の整備のためには間伐をする必要があり、間伐材の受け入れ先が必要である。


 という意見にも繋がっているようだ。


 まぁ、これも一面では真実。
 というか、真実のごく一部。


 マイ箸派(割り箸反対派)の意見は、

 割り箸にするために多くの森林が伐採されている。
 マイ箸にすることで、
 また、マイ箸を持ち歩くマイ箸運動に参加することで、割り箸の需要を少しでも減らし、環境を守る。


 といった感じの意見。




-------------------------------------------------------

 で、どっちが正しいかっていうと、
 それぞれに言い分があるんだが、このままだと、若干、マイ箸派のほうが正しく感じる。


 割り箸の材料として間伐材を使っていれば、森の整備に繋がる。
 しかし、実際は中国からの安い割り箸は森林を伐採して作られるものが大部分である。
 そして日本で消費される割り箸の9割5分以上が中国産。
 理由は、
 国産で間伐材を使った割り箸がだいたい1膳で5円。
 中国からの輸入だと、だいたい1膳で1円。

 袋に入っていないようなのだと、もう少し安くなる。
(だから100膳で100円とかで売られてるものもあるわけだ。輸入ものは)

 間伐材を使った割り箸というのは、林業としてのサイクルを考えて、森林を整備していくためのコストという部分もあって、どうしてもある程度の値段になる。
 一方、伐採しっぱなしで森林のサイクルを考えない中国産の割り箸は間伐材だけでなく普通に木々を切り倒して作られるため、ひじょうに安い。無論、人件費の安さもあるが、森林のサイクルに対する費用がかからないという面も大きいのだ。

 まぁ、中国からの輸入割り箸も、成長の早い竹を使うといった移り変わりもあるので、
 植物は成長期に一番CO2を吸収するので、竹を使ってる割り箸は環境に比較的やさしいという考えもある。
 セブンイレブンなどの割り箸が竹のものに変わったのもそのせいだろう。



 で、環境にやさしいとか・・・そういう言葉は嫌いなんだが、

 CO2問題とかなら、

● 普通に割り箸を使うと、森林破壊の原因なのでCO2吸収量は落ち、燃えるゴミが発生してCO2が増える。

● マイ箸ならCO2発生は(箸を作る工程や運ぶ工程や、燃えるゴミで捨てたら発生するが)、毎回の食事では発生しない。森林も破壊しない。(洗剤による環境破壊で森林破壊されなければ)

● 竹の割り箸は、竹が育つ間にCO2を吸収し、それが割り箸になり、燃えるゴミとして処分されるときに同量のCO2を発生させるので、プラマイ0という感じだろうか。

● 間伐材の割り箸だと、竹と同様。
 違うのは、森林の整備に役立つこと。森林は放置された場合、荒れる(自然のままが常に一番というものでもない。このあたりは見方にもよるが)。CO2問題その他、人間にとってよい環境のため・・・ということなら森林は整備したほうがよいということだ。



 ま、僕の意見では、
 普通に割り箸を使わずにマイ箸を使うというのは環境によいことだ。
 もっと環境によいのは間伐材でつくられた割り箸を購入して使うことだ。

 ってことだね。

 割り箸にこだわるのなら、ね。


きんだい 割箸 元禄裸箸 1袋(50膳入) 238円
(送料別)

 上記のリンクや、
 こういうとこからも購入可能。

 どうしても1膳5円くらいと高いし、送料までかかるので、使い捨ての割り箸にそこまで・・・と思ってしまうけどね。
 これは割り箸にお金を出してるだけでなく、間伐という森林を守るためにお金を出してるって考えで買うものなんだろうね。




雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/26(木)09:32

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。