スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

Windows XP Service Pack3(SP3)を入れてみた。

あっとまーく


 Windows XP Service Pack3(SP3)の適用を少しの間だけ様子見していたのだが、今朝、入れてみた。
 ・・・様子見の期間が短い気もするが、公開から数日経ってて大きなトラブルが表に出ていないところを見ると大丈夫だろうと考えて。初期に表れるたぐいの大きなトラブルがあれば、もうネットで騒がれててもおかしくないはず、きっと。


 というわけで入れてみたんだが、

 DELLの、ペンティアムの2.4GヘルツCPU、1Gのメモリのメインで使ってるPCに入れるのにだいたい1時間弱の時間がかかった。
 これはADSL12Mbpsプランで基地局から2km弱という通信環境でのダウンロード時間も含まれてるので、高速ADSLや光回線ならば10分以上の短縮が可能だろう。
 あとは、インストール中に重いソフトが動いてるかどうかとかでも変わるだろうが・・・そこまで気にするほどじゃないか。

 光回線で、ハイエンドPCならば30分程度で終わるのかな。
 逆にISDNやエッジなどでXPを使ってるひとは少し辛そうな気がする。
 この場合は通常のウィンドウズアップデートからの更新では時間がかかって仕方ない。知人などに頼むか高速回線に繋がってるPCで、ここからSP3(CDイメージファイル)をダウンロードしたものを手に入れて(CDに焼いて)自分のPCに入れたほうが楽そうだ。
(CDに焼かなくてもUSBメモリなどで持ち運んで、自分のPCのHDD内にCDイメージとして入れてしまうって方法もよさそうではあるね)


 あ・・・適用してみた感想としては・・・まだ特に変わったという実感はないです(笑)。

 アプリケーションの実行速度が10%速くなったって、体感速度として実感するほどじゃないってことは書いたとおり。
 でも、遅いよりは速いほうがいいし、デメリットがないようなら・・・・入れないよりは入れたほうがよいと思う。



 デメリットというか、トラブルが表に出てきたら・・・・もっと様子見しとくんだったと後悔するかも知れないが(笑)

テーマ:セキュリティ│ジャンル:コンピュータ
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/09(金)08:55

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。