スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

世の中には危険なものがいっぱいだ。

一酸化二水素(DihyrodogenMonooxide:DHMO)の規制を!

DHMOは無色、無臭、無味であるが、毎年無数の人々を死に至らしめている。殆どの死亡例は偶然DHMOを吸い込んだことによるが、危険はそれだけではない。DHMOの固体型に長期間さらされると身体組織の激しい損傷を来たす。DHMOを吸入すると多量の発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常が出現する可能性がある。DHMO依存症者にとって、禁断症状はすなわち死を意味する。

DHMOは水酸の一種で、酸性雨の主要成分である。地球温暖化の原因となる「温室効果」にも関係している。また重度の熱傷の原因ともなり、地表の侵蝕の原因でもある。多くの金属を腐食させ、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。また切除された末期癌組織には必ずこの物質が含まれている。

汚染は生態系に及んでいる。多量のDHMOが米国内の多くの河川、湖沼、貯水池で発見されている。汚染は全地球的で、南極の氷の中にも発見されており、中西部とカリフォルニアだけでも数百万ドルに上る被害をもたらしている。

この危険にも関わらず、DHMOは溶解や冷却の目的で企業利用されており、原子力施設や化学物資製造、消火剤、動物実験に使われている。農薬散布にも使われ、汚染は洗浄後も残る。また、ある種の「ジャンクフード」にも大量に含まれている。

企業は使用済みのDHMOを大量に河川、海洋に投棄しており、それはまだ違法ともされていない。自然生物への影響は限りないが、我々は今のところ何も出来ないでいる。

アメリカ政府はこの物質の製造、頒布に関する規制を「経済的理由から」拒んでいる。海軍などの軍機関はDHMOにかんする研究を巨額の費用を投じて実施している。目的は軍事行動時にDHMOを効果的に利用するためである。多くの軍事施設には、地下に近代的な施設が造られ、後の使用に備えて大量のDHMOが備蓄されている。





 さて、わかりきったことだが・・・。

 酸素分子1に対し水分子2の結合でできているものってなんだろうか?
 一酸化二水素?
 あたりである。

 別の言い方をすれば、H2O。
 つまりは水。

 義務教育も受けてない人や、Hが水素、Oが酸素をあらわす単語でH2Oが水だってことを知らないような人が騙されるのなら納得する。
 しかし、そうじゃない多くの人々が上のような文章で騙されるんだそうだ。

 とある大学の教員が上のような文章を学生に見せたところ、半数弱の学生が「規制すべき」であり、「規制されていない事実をこわい」とこたえたという話もある。
(大学の教員を名乗ってる人が書いてるブログによれば・・・であって、事実かどうかは知らないけどね)



 危険なものがいっぱい。

 今回言ってる危険なものってのは、「客観的視野をもたない心」「考えようとせずに情報を鵜呑みにして平気な心」、そんなもの。
 考えようとせずに情報を鵜呑み。
 それでたとえば、その情報のままに誰かを傷つけても、悪いのは情報を出したやつらって思って、自分は平気、傷つかない心。

 そんなもの。

テーマ:ひとりごとのようなもの│ジャンル:日記
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/14(金)21:35

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。