スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

安さ。贅沢。粗食。素食。そんな感じのなにかについて。

 おいしんぼ


 美味しんぼという漫画の中で、1000円以内だったかそのくらいの金額での料理対決があった。
 「究極の料理」と「至高の料理」の対決で、身内の結婚式の料理だったと思う。

 その漫画で描かれていたテーマとしては、どんな食材・・・安くて見向きもされないようなものやクズ扱いされたり捨てられたりするもの・・・・であっても、手間と労力をかけることでとても美味しいものになる。
 そうした料理は「贅沢なもの」と言ってもよく、決して貧相なものではない。

 といった感じだったように思う。


 それはたしかに正論。

 だけど、だからといって感心した読者が簡単に真似できるようなものではない。


 卸売り市場で、小さくて不ぞろいなために捨て値で扱われたりする小魚をトロ箱で格安で購入。そしてそれを美食倶楽部の一流の腕の料理人が手間と労力をかけて、ちらし寿司に。

 まず卸売り市場への往復の交通費。
 往復と、購入の時間。
 一流の料理人が半日をかけて料理をつくってくれる状況。

 整理して考えてみよう。
 一流の料理人を半日雇ったらいくらだろう?
 一流じゃなくてもいいや。自分が普通にどこかで半日働いたらいくらになる?
 バイトで時給600円の身だとしても、8時間で4800円。

 4800円に食材の費用が1000円として・・・5800円。
 自分が料理した場合であっても、それが格安時給のバイト計算でも・・・それで出来上がった料理に対して、きちんと計算したら・・・少なくともある一面においては5800円ぶんの価値があるということになるわけだ。

 5800円なら贅沢に決まってる。

 一流の料理人を雇うなら、数万かかる計算になるわけで・・・・いくら食材が1000円以内だといっても贅沢なのは当然だ。


 いくら感心はしても、だからって読者が簡単に真似できない理由もここにある。

 美味しんぼは他にも、自然食品がよいとか、無農薬が・・とか言うが、一般家庭の食費で主人公たちと同じような食生活はまず無理。
(彼らは自分たちで作ることで安くしているわけではなく、普通に買っているシーンがいっぱいあるので・・・・高額なその手の食材を平気で毎日の食事に使える身分なのだろう)



 贅沢とはなんだろう?
 時間、手間、よい食材、それらをじゅうぶんに使う料理は贅沢だろう。
 そのうちのどれかがかけても、他がじゅうぶんカバーするならば贅沢。

 食材の値段なんて・・・
 大昔はマグロはトロなんて無価値で赤身が喜ばれて高値だったとか、牛スジなんて使い道もなく格安だったとか、クジラ肉はどの肉よりも安くて貧乏人が食べるものだったとか、それらを考えたら、安いからわるくて、高いからうまいって決まってるわけでもない。
 安ければという考えなら、自分でとってくれば無料かそれに近いものも多いのだし。(近場での釣りとか木の実やキノコや山菜とりとか)

 高いから贅沢なわけではない。
 まぁ、無駄遣いをするというのは一種の贅沢だろうけど(笑)



 では、僕みたいな人にとって本当に贅沢な料理ってなんだろう?

 手間もお金も労力もかからず、
 それでいてとても美味しくて栄養もある料理。

 そういうのが贅沢なメニューという気もしないでもないんだよね。








 ・・・大好きな人、大好きな人たちと囲む食卓が一番の贅沢なのかも知れないけどね。

テーマ:どう思う?│ジャンル:
食べもの | コメント(2) | トラックバック(0)2008/01/15(火)09:28

コメント

お金掛ければ、確かに美味しい物に食べれる機会も増えるよね。
一般人は限られた収入と言うのがある以上、ひいちゃんの言う通りなんだよね。
食糧もだけど、光熱費をいかに抑えるってのもポイントだと思う。

2008/01/15(火)11:26| URL | もに #M.SGrouA [ 編集]

お金をかけずに、手間や労力もかけずに、
それでいて美味しいものを食べるには・・・

なにをかける?

あたま、だよね。
アイデア、発想、想像力、工夫。


そんな感じにもっていきたかったんだけど、うまく書けなかった(笑)


べつに節約しようって意味で書いたんじゃないんだよ。
節約はだいじだけど。

2008/01/15(火)11:45| URL | 柊 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。