スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

最高級近江牛の牛すじを使ってハンバーグを作って食べてみたよ

近江牛

【2008年】
 10月:ダチョウの卵
 11月:鹿肉(エゾシカ(北海道)&本州の鹿)
 12月:松きのこ&松なめこ
【2009年】
 01月:アザラシ肉
 02月:カンガルー肉
 03月:ウサギ肉
 04月:カエル肉
 05月:ながらみ(貝)
 06月:スッポンの卵
 07月:バロット(孵りかけのアヒルのゆで卵)
 08月:イナゴ(イナゴの佃煮)
 09月:ダチョウ肉(モモ肉)の刺身
 10月:ダチョウ肉(フィレ肉)の刺身

 少し間があいたが、2010年の1月は近江牛の牛すじでのハンバーグ。




 最高級の近江牛の牛すじを使ってハンバーグをつくり食べる。
 大手サイト「デイリーポータル」の『究極のハンバーグを食べよう』を見て以来、いつかやってみようと思ってたことである。

 材料は「近江牛の牛すじ」に「たまねぎ」「たまご」のみ。





 手動ではあるものの肉をミンチにする機械も購入。
 安物だが、同価格帯の中では評価が高い品である。
(似たような品で同じような価格のもAmazonにあるのだが評価がとてもよくないので注意)

 電動のを探すとなるとかなり高くなるので手動のを購入したのだが、けっこう疲れるね、これ。
 自家製でミンチをつくる機会が多い人は高くても電動でミンチを作れるものを探すほうがいいかもしれない。
 滅多にミンチなんて自分で作らない人には手頃かも。
(価格相応というレビューもあるくらいだしね)






 で、ハンバーグはというと・・・・


 ぶっちゃけ失敗なので写真もとってない


 うーん。
 等級の高い肉だからなのか牛すじも脂がすごくて・・・・
 ホットプレートで焼いてたのが、脂がどんどん出てきて、半分溶け出した脂に浸かってるような状態にまで・・・。
(そりゃ筋肉にまで差しが入るのが等級の高い日本の肉なんだろうけど・・・そのぶん牛すじも脂が多いよ)

 学生時代とかならけっこう平気かもしれないが・・・・・・あぶらが多すぎ。


 不味くはないんだが、
 成功か失敗かと言えば失敗だろうね。

 普通のミンチ肉をつかうなり、脂分のもっと少ない肉を牛すじにするほうがたぶん上。


 まぁ、レシピもほとんどわからない状態でやったわけだし、そんなものかなあ。




 ミンサーは・・・・またいつか何か作ろう・・・
 いつかまた使う機会があるだろう・・・・たぶん・・・



いろいろ試そう。 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/01/21(木)06:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。