スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

『観光庁長官に溝畑氏 大分トリニータ運営会社の前社長』って・・・

溝畑宏氏
(画像:岩手日報より)

2009年12月25日
本保観光庁長官が退任へ  後任にJリーグ大分前社長


 政府は25日午前の閣議で、本保芳明観光庁長官(60)を来年1月4日付で退任させ、後任にJリーグ大分トリニータ(来季から2部)運営会社前社長の溝畑宏氏(49)を充てる人事を承認した。前原誠司国土交通相が目指す「観光立国」実現に向け人心を一新する狙いがあるとみられ、事実上の更迭と言えそうだ。

 前原氏は記者会見で「本保長官の仕事ぶりに何ら瑕疵があったわけではない」と強調する一方、「観光行政は来年、有言実行の年。海外からの観光客を増やして数字として表さないといけない」と指摘した。

 本保氏は1974年に旧運輸省に入省。旧日本郵政公社理事などを経て08年10月、観光庁発足と同時に初代長官に就任した。観光庁は訪日外国人観光客を20年までに年間2千万人に増やす目標を掲げたが、世界的な不況や新型インフルエンザの流行もあって09年実績は700万人程度にとどまり、目標達成は困難になっていた。

(岩手日報)


観光庁長官に溝畑氏 大分トリニータ運営会社の前社長

 前原誠司国土交通相は25日、観光庁の本保芳明長官(60)を更迭し、後任にサッカーの大分トリニータの運営会社、大分フットボールクラブ(大分FC、大分市)の前社長溝畑宏氏(49)を充てる人事を固めた。人事は来年1月4日付けで、25日中に発表する。溝畑氏は自治省(現総務省)出身で、大分トリニータの立ち上げに尽力した。

 前原国交相は日本を観光立国にすることを目指しており、2008年に835万人だった訪日外国人観光客を13年には1500万人まで高めたい考えだ。地方のサッカーチームをJリーグにまで引き上げた溝畑氏の手腕を生かし、日本の魅力を高めたい考えだ。 (09:55)

(NIKKEI NET)


 これだけだとまったく意味のわからない人事ですな。
 前原さんは比較的まともそうなイメージで売ってる人なんだがなぁ・・・。

 たしかに大分トリニータを地方のサッカーチームからJリーグ・・・J1にまでもっていって、タイトルまで獲得したわけなので、そこはすごいんだろう。(来期はJ2予定・・・破綻して消滅するかも知れないが(苦笑))

 しかし、乱脈経営と言われてもおかしくない経営を続けて大分トリニータは財務状態が破綻、収入に見合わない借金をしてまでなんとか延命しているのが現状で・・・・そのため、経営責任をとって5日に辞任したんだよね、この人。

 一方、退任させられる本保芳明観光庁長官については、前原さんは「本保長官の仕事ぶりに何ら瑕疵があったわけではない」と強調しているわけで・・・・2000万人の観光客増加を目指しつつも新型インフルエンザや不況のせいで700万人の実績に終わりそうだからって・・・・大分トリニータの現在の状況を生み出した人を後任に据えるために、わざわざ現在の長官をクビにする。

 意味わかんね。
 誰か説明してくれないかなあ。



雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/12/25(金)21:02

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。