スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

うさぎの肉を食べたよ。

うさぎ
(画像:ウィキペディアより)


 10月:ダチョウの卵
 11月:鹿肉(エゾシカ(北海道)&本州の鹿)
 12月:松きのこ&松なめこ
 01月:アザラシ肉
 02月:カンガルー肉

 ときて、3月は兎の肉を食べてみた。



 皮を剥がれたうさぎの肉の画像とかもあるので、そういうのが苦手な人は続きを見ないように。



うさ

 解凍したうさぎ。
 今回はまるまる1羽を購入。
 スタイルの良い子ですな。


うさ

 齧歯類って感じの顔立ちだね。


うさ

 プロのコックでもない僕らには、身と骨をきれいに解体なんて真似はむつかしい。
 ってことで豪快にぶつ切りに。


うさ

 半分をマスタードを表面に塗って鍋に投入。


うさ

 別の鍋に白ワイン、人参、タマネギ、ローリエ、タイム、パセリを入れて火にかける。
 ・・・パセリは後からかけるものを間違って投入。でも、気にしない気にしない。

 うさぎの身が狐色になったら(うさぎがきつね・・・天敵だ)、うさぎ肉が入ってる鍋に投入してコトコト1時間。


うさ

 うさぎ肉を取り出して、鍋のスープに生クリームを入れてソースをつくる。
 うさぎ肉を皿に盛りつけ、出来上がったソースをかける。
(塩・胡椒はしてあります)


うさ

 うさぎのマスタード煮の完成。
 詳しいレシピはCOOKPADのこちらのページにあります。


うさ

 ご飯やパンに合いそうなので、今回はパンを用意しました。






うさ

 1時間コトコト煮ている間に、うさぎ肉のからあげ、うさぎ肉の竜田揚げ、たまねぎの天ぷら? をつくりました。



うさ

 うさぎ肉の内臓と、イカゲソを炒めて、カレー粉で味付けしたものも。




 うさぎ肉。
 部位によって骨が多い・・・まぁ、骨ごとぶつ切りしてるからねえ(笑)。
 味は、そんなにクセが無く鶏肉に近いか?
 ・・・香草たっぷり使ったマスタード煮と、味のついてるからあげ粉、竜田揚げ粉での料理、カレー粉での料理なので、本来のクセを感じないだけなのかも知れないけど。

 若干パサパサしていたが(脂が少ないんだろう)、だからといってまずい肉なわけではなく、普通に美味しく料理できる食材ですね。
 逆に言えば、味だけで言うならば高いお金を出してまで食べるような食材ではないと個人的には思う。日本ではあまり流通していないせいでけっこう割高価格になるため、同じ金額を支払えばけっこう良い牛肉や豚肉がかるく買えるからね。
 流通量が増えて値段が豚肉や鶏肉並に下がるのであれば、食材の1つとして気軽に選んでもいいって感じかな。


 骨があるせいで若干食べにくいが、骨ごとぶつ切りにしてるのだからこれはこれで仕方ないね(笑)
 気になるのなら骨をとって身だけになっているパックを売ってるとこもあるのでそこで買うのがいいだろう。
 とか偉そうなことを言ってるが皮もついてる1羽まるまるがやってきてたら、どうするか悩んでいただろうね、僕も(笑)


 脂身が少ないので、バターとかチーズとか使って炒めるとかするのもありかな。




 ごちそうさまでした。

テーマ:+おうちでごはん+│ジャンル:グルメ
いろいろ試そう。 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/03/29(日)23:58

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


FC2カウンター






クリック募金

東日本大震災へのクリック募金です。 リンク先でクリックすることで、あなたに変わってスポンサー企業が1円寄付してくれます。

「東北関東大震災」支援クリック募金

手間で無ければ、よろしくお願いします。

クリックで救える命

1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって企業が「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行う NPO団体に募金してくれます。

(ブログ管理人の柊から) もし、ほんの10秒の時間とクリックする手間がわずらわしくない方は、ほんのわずかな・・・だけど大切なその作業にかける手間をお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。